• HOME
  • 記事
  • お出かけ
  • 美しき滝と、緑と、鳥の鳴き声。「王見の滝」の繊細な美しさに心が洗われる

美しき滝と、緑と、鳥の鳴き声。「王見の滝」の繊細な美しさに心が洗われる

お出かけ

もはや恒例となってきました、山梨オススメ滝スポット情報。

「くるら」がスタートしてまだ3ヶ月も経っておりませんが、こんなに多くの滝に行くことになるとは思ってもいませんでした。

このご時世なので、人がいないところを選んでいくと必然なのですが、ピンチはチャンス。

行動範囲が狭まる中で、これだけ多くの山梨の景観スポットに行くことができたことは、非常にプラスだと思います。

さらに中々行くことのない冬の渓谷や滝は、オンシーズンではない表情を見せてくれそこを見ていただいているあなたに紹介することができることは、「くるら」ならではだと感じています。

「くるら」のこのページに辿り着いていただき、本当にありがとうございます。

それでは「本日の滝」、早速ご紹介いたします。

「山梨県上野原市秋山」名前からしてここは行くべきだなと(笑)

県道35号線沿いを通り、小道に入っていきます。

少し歩くと、早速その滝は見えてきます。

「王見の滝」

上野原市のPRポスターにも使用されている滝。

とても静かな場所で聞こえてくるのは、ウグイスの鳴き声と、滝の音だけという贅沢な空間でございます。

しかし、ここからが問題なのです。

写真のアングルから伝わりますでしょうか?上から撮っています。

実はこの王見の滝、滝の近くまで行く道がございません。

林の中の道のない傾斜を降るしかないのです・・・。

選択肢がそれしかないなら行くしかないですね(笑)

意を決して下ります。

なかなかの傾斜と、足場でございます。

本当に道がないので、降りるのは自己判断で、くれぐれも無理をなさらずにしてください。

携帯の電波もないところなので、ご慎重にお願いいたします。

さあ、そして降って見えてた景色は・・・

やはり間近で見ると全然違いますね。

王の滝は、激しさや迫力のある滝とは違い、「繊細で美しい」という表現がとても似合います。

とても澄んだ水。見ているだけで心が洗われてきます。

滝から上を見上げる景色もまた良いですね。

滝の音を聞きながら、この作り込まれていない自然なままの木々の景色を眺める贅沢なひととき。

人生とは・・・

働くとは・・・

幸せとは・・・

色々な思いを巡らせながら、自分だけの贅沢な時間を過ごします。

道が困難なほど、達成感は増えていきます。

ただただそこにいるだけで、心が安らぎ豊かな気持ちになる。

僕自身もせめて自分の周り方にとって、そうゆう人間になりたいと思いました。

王見の滝、見学の際はくれぐれも無理をなさらず、素敵な景観をお楽しみください。

王見の滝

〒401-0201 山梨県上野原市秋山13038

URL : http://www.hakken-uenohara.jp/entry.html?id=145034

Daisuke Akiyama

山梨旅人 山梨県南アルプス市出身。メンズファッションブランドのマーチャンダイザー及びEC事業部マネージャーを経て2021年独立。生まれ育った山梨を一から見つ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。