• HOME
  • 記事
  • 地場産業
  • 100年の歴史を持つ白州町のワイナリー!!シャルマンワインでヴィンテージワインを愉しむ

100年の歴史を持つ白州町のワイナリー!!シャルマンワインでヴィンテージワインを愉しむ

地場産業

本日のご紹介はもうお分かりではないでしょうか。

そうです、山梨が誇る地場産業の一つ。”ワイン”でございます。

こちらのワイナリーは、1919年にスタートした100年の歴史を持つ、「シャルマンワイン」様。

日本名水百選・尾白川が流れる北杜市白州町にワイナリーがございます。

シャルマンワイン様では、気軽にワイナリー見学もさせていただけます。

実際にこのような光景を見ることができるのは、とても楽しいですね。

ワイン好きとしては、この地下貯蔵庫を見るとテンションが上がります。

このような風景、いるだけでとてもワクワクします。

この地下タンクは直接土に接しているので、温度が上がりにくく急激な温度変化も少ないので、ワインの貯蔵には最適とのことです。

環境、土地、気温なども含め自然を相手にしながら、葡萄作りから始まるワイン作りの繊細さは想像を絶します。

記事の最後にHPのURLを記載させて頂ますが、生産者様の思いをしっかりと理解した上でワインを飲むと、そのワインの感じ方がまた違ってくるのかなと思います。

シャルマンワイン様では、消費者と直接コミュニケーションがとれるという理由で、店頭販売もしております。

ワインの購入はもちろん、ワインやノンアルコールの試飲も楽しめます。

ワイナリーを見学させていただいきテンションが上がっている中で、試飲や購入ができるのはとても嬉しいですね。

ここで作られて、貯蔵されて、そして出来上がったものなんだなぁ等、色々な情景をリアルに思いながらを楽しめるのは実に贅沢だなぁと。

率直に嬉しいです。

さぁ、ここから私が買ったワインのご紹介。

もちろん今この記事を書きながら、飲んでおります(笑)

飲酒しながらと思う方もいるかもしれませんが、このワインを飲みながら書くということが、一番リアルで生の声をお届けできると僕は確信しております。

「シャトーシャルマン シャルドネ 1996 古酒」

今から25年前に作られたワインですね。

シャトーシャルドネとして販売後一部430本のみ残し、さらにそのままセラーで熟成たプレミアム古酒でございます。

専門家ではないのですし、率直な僕の感想を書かせていただきます。

まず、ヴィンテージ感のある独特の深みがある匂いがします。

日本酒の古酒にも非常に似ている匂いですね。

日本酒もワインも長期熟成すると、このような匂いになるのかなぁと感じました。

匂いからの想像とは違い、非常に口当たりがよく滑らかです。

あれ、意外とあっさりしているのかな?と思ったら、その後から深みがくるイメージ。

口いっぱいにマイルドなワインの深い味が広がります。

あっ、これが長期熟成した味なのかと、素人ながらも感じました。

長い年月をかけ辛口から中口へと変わり、深みのある味わいになる。

25年かけて辿り着いた味。人生にも通ずるところがあると思います。

是非、ご賞味ください。

日本の名水百選、北杜市白州町の水とを使用し、素材の香りと旨味にこだわる「シャルマンワイン」

ワイナリー見学や、試飲も楽しめる非常に素敵な場所ですので、是非行かれてみてはいかがでしょうか。

シャルマンワイン

〒408-0315 山梨県北杜市白州町白須1045-1

0120-35-2602

直売店/ワイナリー見学 : 土日祝:10:00~17:00  平日:9:00~17:00
4月〜9月の土日祝:10:00〜17:30
定休日 12月31日~1月4日

URL : https://www.charmant-wine.com/

オンラインショップ : https://shop.charmant-wine.com/

Daisuke Akiyama

山梨旅人 山梨県南アルプス市出身。メンズファッションブランドのマーチャンダイザー及びEC事業部マネージャーを経て2021年独立。生まれ育った山梨を一から見つ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。